【独学&学生さん】個人でしっかり教えるプランはこちら【無料配布】入門用モデルデータはこちら【気軽に添削】アニメーションの単発アドバイスはこちら

フレームレート(FPS)とは?

アニメーション基礎

CGアニメーションで必須の設定、フレームレートについてまとめています。

フレームレートとは

映像やゲームで使われる言葉で、1秒間あたりに表示される静止画の枚数を表しています。

単位はfps(frame per second)

たとえば「30fpsの動画」では、1秒間に30枚の静止画を連続表示することで動く映像として見せています。

フレームレートが上がるほど滑らかなアニメーションとして表示されるので、転じて「映像の滑らかさ」の意味合いで使われることもあります。

フレームレート比較

以下は同じ3秒のアニメーションをそれぞれ30fps・10fps・2fpsで再生した結果です。

30fps

10fps

2fps


同じアニメーションでもフレームレートが違うだけで動きの滑らかさが変わることが分かります。
ちなみにゲームジャンルでも「FPS」という言葉がありますが、これはフレームレートとはまったくの別物です。
Firtst Person Shooting =一人称視点の撃ちゲー

身近なフレームレートの例

コンテンツによってフレームレートはある程度決まっています。

  • ゲーム:30fps / 60fps
  • 映画:24fps
  • アニメ:24fps
  • テレビ放送:29.97fps
  • Youtube:動画による

ゲーム:30fps / 60fps

多くのゲームは30fpsをベースに作られていますが、タイミングが重要な格闘ゲームやリズムゲーム、ハイエンドゲームは60fpsが多いです。

VRの影響もあってか、120fpsのコンテンツもちらほら見かけるようになってきました。

映画:24fps

映画は1秒間24コマのフィルム撮影によって制作されています。フレームレートとしては24fpsになります。

アニメ:24fps

アニメも映画のようにフィルム撮影で制作していたことに由来して、現在でも24fpsで制作されています。

アニメ制作では、尺(映像の長さ)を「コマ」と呼びます。(「1秒12コマのカット」など。)

テレビ放送:29.97fps

地上波デジタル放送のフレームレートは29.97fpsです。

少し中途半端な数字ですが、ドロップフレームと言われる放送特有のフレームレートとなっています。

ドロップフレームとノンドロップフレームの違いについて

Youtube:動画による

Youtubeは個人が作成した動画がアップロードされているため、動画によってフレームレートは様々です。
上限は60fpsになります。

Youtube動画のフレームレートの確認

  • 動画を右クリック>詳細統計情報 をクリック
  • 出てきたウィンドウから、動画の解像度とフレームレートが確認できます。

    この動画のフレームレートは60fps

60fpsの動画は画質設定に60と表記されています。

フレームレートまとめ

フレームレートについてまとめました。

  • フレームレート=1秒間あたりに再生される静止画の枚数
  • コンテンツによってフレームレートが違う
  • 制作現場では、ゲームは30fps/60fps、アニメは24fps

CG制作では最初にフレームレートを設定してから制作を始めるよう気をつけましょう。

Maya / アニメーション環境設定
インストール後の環境設定についてまとめています。 Mayaの環境設定を変更する Mayaでアニメーション制作...
3dsMax / アニメーション制作前の環境設定
3dsMaxのインストールが終わったら早速作ろう! ...の前に、確認しておく設定項目についてまとめてみました。

参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました