フレームレート(FPS)とは?

CGアニメーションで必須の設定、フレームレートについてまとめています。

フレームレートとは

映像やゲームで使われる言葉で、1秒間あたりに表示される静止画の枚数を表している。

単位はfps(frame per second)

たとえば30fpsの動画は、秒間30枚の静止画を連続表示することで動いて見せている。

動画のフレームレートが上がるほど、滑らかに表示される。

以下は同じ3秒のアニメーションをそれぞれ30fps・10fps・2fpsで再生した結果。

ちなみにゲームジャンルでもFPSという言葉がありますが、これはフレームレートとはまったくの別物です。
Firtst Person Shooting =一人称視点の射撃

身近な動画のフレームレート

  • テレビ放送:29.97fps
  • ゲーム:30fps / 60fps
  • 映画:24fps
  • アニメ:24fps
  • Youtube:30fps / 60fps

テレビ放送:29.97fps

地上波デジタル放送のフレームレートは29.97fps

約30fpsだが、ドロップフレームと言われる放送特有のフレームレートとなっている。

ドロップフレームとノンドロップフレームの違いについて
「ドロップフレーム」と「ノンドロップフレーム」な動画の違いについて簡単に解説します。前提知識この記事を理解するためには、最低限、 フレームレート インターレース プログレッシブなどの意味を理解しておく必要があります。「意味を知らない!」とい

ゲーム:30fps / 60fps

タイトルによって30fpsで作られていたり60fpsだったり。

タイミングがシビアな格闘ゲームやリズムゲームは60fpsであることが多い。

最近では120fpsのコンテンツもちらほら見かけるようになってきた。

映画

フィルム撮影された映画は1秒当たりのフィルム枚数が24枚なので24fpsとなる。

アニメ:24fps

アニメも映画と同じく24fps

もともと映画のようにフィルム撮影で制作していたことに由来する。

フィルム撮影の名残りで「フレーム」ではなく「コマ」と呼ぶことが多い。

「1秒12コマのカット」など。

Youtube:30fps / 60fps

動画によって30fpsと60fpsがあり。

60fpsで撮影した動画はYoutubeでも60fpsのままアップロードされる。

60fpsの動画は解像度の設定に60と表記されている。

フレームレートまとめ

フレームレートについてまとめました。

  • フレームレート=1秒間あたりに再生される静止画の枚数
  • コンテンツによってフレームレートが違う
  • ゲームは30fps、アニメは24fpsが一般的

CG制作では最初にフレームレートを決めてから制作を始めるよう気をつけましょう。

404 NOT FOUND | CG Anim Log
3dsMax / アニメーション制作前の環境設定
3dsMaxのインストールが終わったら早速作ろう! ...の前に、確認しておく設定項目についてまとめてみました。
タイトルとURLをコピーしました