【独学&学生さん】個人でしっかり教えるプランはこちら【無料配布】入門用モデルデータはこちら【気軽に添削】アニメーションの単発アドバイスはこちら

ターンテーブルの作り方

アニメーション基礎

CG作品をグルっと回りながら見せる映像「ターンテーブル」の作り方についてまとめました。

リグご提供:Christoph (The Stoff) Schoch

Mayaを使った解説ですがCGソフト全般でできます。

ターンテーブルの作り方

被写体であるキャラを回転させる方法と、キャラ以外を回転させる方法があります。

キャラを回転させる

簡単なのは、背景やカメラ・ライトは固定でキャラだけ回転させる方法です。

リグのルートノードをループになるように回転させます。

リニア補間で360度回転させることで、等速回転するループ動画になります。

キャラ以外を回転させる

ルートノードの回転が使えない場合は、キャラ以外を回転させることもできます。

  1. 原点にロケータを作成
  2. キャラをとらえたカメラを作成
  3. カメラをロケータの子に親子付け
  4. ロケータを回転アニメーションさせる
  • ロケータは空のオブジェクトを指しています。3dsMaxならヘルパーなど
  • 背景やライトがある場合はカメラと同じようにロケータに親子付けします

Maya標準ターンテーブル

Mayaの場合は標準機能でターンテーブルが作成できます。

メニュー[アニメーション]:視覚化>ターンテーブルを作成

  • フレーム数:カメラが一周するフレーム数
  • 方向:カメラが回転する方向

被写体を選択してから実行することで、グルっと一周するturnTableCameraを作成できます。

タイトルとURLをコピーしました