【独学&学生さん】個人でしっかり教えるプランはこちら【無料配布】入門用モデルデータはこちら【気軽に添削】アニメーションの単発アドバイスはこちら

3dsMax / カーブエディタの使い方

3dsMaxのカーブエディタについてまとめています。

[3dsMax 2021.3]

カーブエディタとは

カーブエディタは、オブジェクトのアニメーションカーブを確認・調整するための機能です。

タイムスライダ上でのキーフレーム操作より詳細な調整ができ、アニメーション制作の中盤~仕上げはカーブエディタでの調整作業がメインになってきます。

メインツールバー>カーブエディタ

カーブエディタのUI

選択しているオブジェクトのアニメーションカーブが表示されます。

アトリビュート
オブジェクトの変更可能なパラメータのこと。
アトリビュートごとにアニメーションカーブを表示・調整することが可能です。

横軸:時間(フレーム)
シーンの時間軸を表しています。
タイムスライダと連動しています。

縦軸:値
キーの値を表示しています。

このカーブの形を変えることで、キー設定だけではできないアニメーションの調整ができるようになります。

基本操作

  • パン:中ドラッグ
  • ズーム:Ctrl + Alt + 中ドラッグ
  • フォーカス:キーを選択してZ
移動・回転の座標系
グラフエディタに表示されるカーブは以下の参照座標系に対応しています。
移動XYZ:親
回転XYZ:ジンバル

カーブエディタでできること

ここでは以下の2点について解説します。

  • 軸ごとにアニメーションを調整
  • 補間の調整

軸ごとにアニメーションを調整

動きにかかわる主なカーブは移動XYZと回転XYZの6つです。
この6つの軸の動きをそれぞれ独立して調整できるのがカーブエディタの強みです。

キーを横軸移動させない

タイミングはタイムスライダ上で変えた方が安全です。
軸ごとにタイミングを変えるのはややこしくなるので、慣れないうちは縦軸のみ。
Ctrl キーを押しながら縦方向に移動すれば間違って横軸に移動しません。

補間の調整

キーの左右には 接線と呼ばれるハンドルがあります。
接線の角度を変えることでキーフレーム間の補間を調整できます。

接線の種類

接線は手動で変えることができますが、決まった形を選ぶこともできます。

  • 自動
    • キーを打ったときの初期設定
    • 特に問題なければ自動接線のままでOK
  • スプライン
    • 接線を手動で変更したときの設定
  • 高速
    • 動き出し・動き終わりが高速になる
  • 低速
    • 動き出し・動き終わりが低速になる
  • ステップ
    • 次のキーまで動きが止まる
  • リニア
    • 直線的な動きになる
  • スムーズ
    • カーブの形がスムーズになる
    • 接線が非表示になるため調整はできない

接線の分割

左右の接線を分割して、それぞれ制御することができます。

関連リンク

3ds Max 2021 ヘルプ | カーブ エディタの概要 | Autodesk

3ds Max 2021 ヘルプ | カーブ エディタでキーを編集する | Autodesk

タイトルとURLをコピーしました