【独学&学生さん】個人でしっかり教えるプランはこちら【無料配布】入門用モデルデータはこちら【気軽に添削】アニメーションの単発アドバイスはこちら

3dsmax / QuickParentで簡単リンク

3dsMaxの便利なフリースクリプト「QuickParent」の紹介と導入手順をまとめました。

QuickParentでできること

オブジェクトのリンクを選択順で行うことができます。

選択してリンクだと
ビュー上でリンク先をうまく選べない・違うオブジェクトにリンクしてしまう

QuickParentを使うと
子→親 の順に選択してからリンクできるので間違わない

QuickParentの使い方

  1. 子にしたいオブジェクトをすべて選択する
  2. 親にしたいオブジェクトを最後に1つ選択する
  3. QuickParent を実行するとリンクが作成される

QuickParentの導入

ダウンロード先

http://www.scriptspot.com/3ds-max/scripts/quick-parent

ページ下部 Download URL リンク先からダウンロードできます。

導入手順

3dsMaxを開いている場合はあらかじめ落としておきます。

  1. 展開フォルダ内の tidbit_QuickParent.mcr を以下のフォルダへコピーする
    C:\Program Files\Autodesk\3ds Max 2022\MacroScripts
    ※3dsMaxのバージョンに合わせて変更する
  2. 3dsMaxを起動する
  3. メニュー:カスタマイズ > ホットキーエディタ
    「quick」 で検索して QuickParent の項目を選択する
  4. 任意のホットキーを設定する

おすすめホットキーは Alt+P

ついでにリンク解除も

選択をリンク解除 もホットキーで操作できると便利です。

グループ:メインUI
カテゴリ:Tools
選択してリンク にホットキーを設定する

おすすめホットキーは Shift+P

タイトルとURLをコピーしました