【初心者&学生さん】個人でしっかり教えるプラン始めました【気軽に添削なら】アニメーション作品のアドバイスはこちら

3dsMax / 【Biped】レイヤの使い方

3dsMax

Bipedのレイヤ機能についてまとめました。

[3dsMax 2018]

【Biped】レイヤとは

Bipedロールアウトにあるアニメーション機能です。
作成したアニメーションに対して、全体的なポーズを変えたり動きを足したりすることができます。

【元アニメーション】

【レイヤ適用後】

全体的に位置やポーズをずらすことをオフセットといいます。
レイヤはBipedのアニメーションををオフセットする機能です。

使い方

  1. レイヤを作成
  2. 手足の再ターゲット
  3. レイヤのマージ
  4. スナップ&キー

大きくは「新規レイヤの作成」と「接地・スライドキーの位置合わせ」ができます。

新規レイヤを作成する

選択したBipedに対してレイヤを作成します。


「レイヤを作成する」をクリックする


元アニメーション(Original)の上に新規レイヤ(レイヤ 1)が作成されます。

レイヤ 1ではOriginalに対して新しくキー設定ができます。
左上の↑↓矢印からレイヤを切り替えできます。

Originalのアニメーションは赤い線で常に表示されています。

手足の再ターゲット

重心の位置回転を変えると手足の接地・スライドキーが無効になるため位置がずれます。
手足の接地・スライドキーをOriginalの位置に合わせる機能が再ターゲットです。

足の接地がずれて地面に埋まった例

再ターゲットのアイコンは左から「左手」「右手」「左足」「右足」を表します。
両足を接地させる場合は画像のように足をオンにしてから「更新」をクリックします。

足の接地がOriginalと一致しました。

再ターゲットした手足はレイヤ上で編集することはできません。
接地・スライドを直したいときはOriginalレイヤで編集する必要があります。

レイヤの集約

編集を終えたレイヤを一段下のレイヤと集約できます。


レイヤ1上で「集約」をクリック


レイヤ1がOriginalに集約されました。

スナップ&キーの設定

レイヤのキーをOriginalに合わせたいときはスナップ&キーを使います。

Originalに合わせたいパーツを選択して「スナップ&キー」をクリック

アニメーションの一部分だけ変えたいけど、それ以外は元のままが良いときに使います。

【Biped】レイヤまとめ

レイヤを使うとBipedのアニメーションを全体的に変えたり追加の動きを足すことができる。

よく使う機能

  • レイヤを作成
    • Bipedに新規レイヤを作成する
  • 再ターゲット
    • Originalの接地・スライドキーに位置を合わせる
  • 集約
    • 新規レイヤをOriginalに集約する
  • スナップ&キー
    • Originalにポーズを合わせてキーを設定する

タイトルとURLをコピーしました