Maya / プレイブラストの作り方

Maya

Mayaのビューポートキャプチャ機能、プレイブラストについてまとめました

プレイブラスト

作成したシーン上のアニメーションを動画として保存することができます。
ライティングや質感を含めたレンダリング出力に比べ

て高速で動画出力ができるので、アニメーションの確認やデモリール素材として向いてます。

プレイブラストの作成

メニューから ウィンドウ>プレイブラスト□

特に確認する項目について

  • フォーマット関連(ファイル形式)
  • 表示サイズ関連(出力サイズ)
  • ファイルに保存

ファイル形式の設定

書き出すファイル形式を「動画」にするか「画像」にするか設定する
プレイブラストはサクッとアニメーションを確認するための機能なので動画で書き出すことが多い

フォーマット

  • avi:動画ファイルとして書き出す
  • image:画像ファイルの連番で書き出す

エンコーディング

ファイルの圧縮方法(コーデック)を設定

動画はそのままだと大容量ファイルになるので圧縮する

コーデックとは「動画を圧縮するためのプログラム」ととらえておけばOK
コーデックの種類によって圧縮率や画質は変わる
※一般的に圧縮するほど画質は劣化する

  • none:いわゆる「非圧縮avi」。圧縮しないので画質は劣化しない&ファイルサイズは最大
  • IYUV:画質はきれい&ファイルサイズは非圧縮の半分

Maya標準のコーデックならIYUVコーデックが無難です。

Mayaのコーデック比較については以下の記事が分かりやすいです。
maya avi標準コーデック比較|株式会社モックス

精度

画質のクオリティをどうするか
※おそらく圧縮率の設定

画質優先なら「100」に設定
ファイルの軽さ優先なら数値を下げる

出力サイズの設定

表示サイズ

出力動画の解像度を設定する

  • ウィンドウから:開いてるビューのサイズ
  • レンダー設定から:レンダー設定で指定した解像度のサイズ
  • カスタム:幅・高さを指定する

スケール

解像度の何%にするか。0.5で50%、1.0で100%

デモリールやYoutubeで目安となる標準サイズ、HD(1280×720)の設定なら…

カスタム:1280/720
スケール:1.0

ファイル保存先の設定

出力動画を保存するための設定

  • ファイルに保存:チェックすると作成したプレイブラストを別名保存できる
  • 参照…:動画の保存先を指定する


aviより超絶便利な「mov」形式でのプレイブラスト作成について、詳細は以下の記事にまとめています

タイトルとURLをコピーしました