Maya / カメラの設定と使い方

Maya

カメラの種類

Mayaで使えるカメラは大きく2種類あります

  • カメラ
  • エイムカメラ

カメラ

  • 新規作成したカメラの初期設定
  • カメラ本体のみを移動・回転で制御するカメラ

回転系のカメラワークが得意

エイムカメラ

  • カメラ本体と、注視点(エイム)の二つで制御するカメラ
  • カメラとエイムそれぞれを移動で制御する
  • ロールのみ、親グループのツイスト値で回転できる

対象を追うカメラワークが得意

エイムカメラへの変更

カメラのアトリビュートから
カメラアトリビュート>コントロール>カメラおよびエイム に変更する

カメラの便利な設定

見た目の大きさを変更する

カメラのチャネルボックスから

ロケータのスケール を変更する

※スケールXYZでは大きさを変更しない

カメラから見える奥行範囲を変更する

カメラのアトリビュートから

ニアクリッププレーンの数値を小さくする(0.01など)
→カメラ近くのオブジェクトまで表示される
ファークリッププレーンの数値を大きくする(50000)
→遠くのオブジェクトまで表示される

解像度ゲートを画面いっぱいに表示する

カメラのアトリビュートから

表示オプション>オーバースキャン>1.0 に変更する

エイムを常に表示させて選びやすくする

エイムのアトリビュートから

ディスプレイ>ハンドルの表示 にチェック

タイトルとURLをコピーしました