Maya / アニメーションの操作

mayaのアニメーション制作でまず使う基本操作についてまとめました。
[Maya2018.5 日本語版]

アニメーション関連のUI

Maya-アニメーションのUI

タイムスライダ周りとチャネルボックス

アニメーション制作で主に使うUIは、画面下のタイムスライダ・再生パネルと画面右のチャネルボックスです

アニメーション基本操作

タイムラインの見方

Maya-タイムスライダ

Mayaの画面下にある目盛りのついたUIがタイムラインです。タイムラインはシーン内の時間軸を表しています。

キーフレームを設定すると、タイムライン上に赤い縦線で表示されます。
キーフレームとキーフレームの間はMayaが自動で動きをつなげてくれます。これを補間といいます。

  • キーフレームを設定:S
  • 時間を移動:タイムライン上で左ドラッグ

チャネルボックスの変化

Maya-チャネルボックスのキーフレーム

キーフレームを打つとチャネルボックスの項目にも赤いマークがつきます。
それぞれの数値がアニメーションしていることが確認できます。

アニメーションを再生

Maya-アニメーション再生

ビュー上でアニメーションを再生できます。

  • 再生:Alt+V
  • 1キー戻る/1キー進む:</>
  • 1F戻る/1F進む:Alt+</Alt+>

タイムレンジ

Maya-タイムレンジ

赤枠:全体の時間を設定
青枠:作業時間を設定

作業時間が設定してあればOKです。

キーの操作

タイムライン上でキーを操作できます。

  • キーを選択:Shift+クリック
    キーを範囲選択:Shift+ドラッグ
  • キーを移動:選択したキーの赤い部分をドラッグ
  • キーをコピー:コピーしたいキーを右クリック>コピー
  • キーをペースト:ペーストしたいキーを右クリック>ペースト>ペースト
  • キーを削除:消したいキーを右クリック>削除

自動キーフレーム

Maya-自動キーオフ

Maya-自動キーオン

オートキーをONにすると、動かした軸だけ自動でキーが打たれます。
基本的にONにして作業します。

オートキーがONでもSキーは全プロパティにキーが打たれます。

軌道の表示

アニメーションメニュー>視覚化>編集可能なモーション軌跡の作成

応用操作

  • 現在の状態で時間を移動:タイムライン上で中ドラッグ
  • 移動XYZだけキーを設定:Shift+W
  • 回転XYZだけキーを設定:Shift+E

参照座標系の切り替え

変換ツールのショートカット+左クリックでツール設定のホットボックスが開く
とくにアニメーションでは参照座標系(ワールドやオブジェクト)を頻繁に切り替えるので便利

  • 移動ツールの設定:W+ 左クリック
  • 回転ツールの設定:E+ 左クリック
タイトルとURLをコピーしました