【独学&学生さん】個人でしっかり教えるプランはこちら【無料配布】入門用モデルデータはこちら【気軽に添削】アニメーションの単発アドバイスはこちら

【知っておくべきMaya基本操作】アニメーション効率化TIPS

Maya

アニメーション作業で便利なショートカットや操作をまとめました。

アニメーション中にマニピュレータを表示

  • グラフエディタ上で現在時間以外のフレームからドラッグ

カーブだけでは分かりにくい軸の方向がどう変化しているか、目視で確認することができます。

アトリビュートの四則演算

  • +=:足し算する
  • -=:引き算する
  • *=:掛け算する
  • /=:割り算する

例:現在値を+=360すると360足された数値になります。

ポーズを保持したままフレームを移動

  • タイムスライダ上で中ボタンドラッグ

現在のアニメーションのポーズを保ったまま時間を移動することができます。その状態でキーを打つことができるので、同じポーズをコピーしたいときなどに便利です。

ビュー上でアトリビュートを変更

  • アトリビュートを選択>ビュー上で中ボタンドラッグ

ドラッグの上下左右でアトリビュートの増減ができます。

ビュー上でアニメーションをスクラブ

  • ビュー上でKを押しながら左ドラッグ

タイムスライダを操作しなくても、現在フレームからスクラブしてアニメーションの確認ができます。

すべてのビューでアニメーション再生

  • ウィンドウ>設定/プリファレンス>プリファレンス>タイムスライダ
    ビューの更新:すべて に設定

すべてのビューで同時にアニメーションが再生されるようになります。色んな方向からアニメーションを確認したいときに便利です。

チャネルボックスとグラフエディタの同期表示

  • ウィンドウ>設定/プリファレンス>プリファレンス>タイムスライダ
    チャネルボックスと同期:グラフエディタ表示の同期化 をチェック

チャネルボックスで選択中のアトリビュートだけがグラフエディタに表示されます。複数コントローラの回転Xだけ見たいときなどに便利です。

アトリビュートの表示設定はグラフエディタでもできます。

  • グラフエディタ:表示>アトリビュートの選択...

参照座標の変更

  • W+左クリック長押し:移動の参照座標を変更
  • E+左クリック長押し:回転の参照座標を変更

ツール設定を開かなくても座標系や設定をすぐに変更できます。

移動・回転ごとのキー設定

  • Shift+W:移動XYZのみキーを設定
  • Shift+E:回転XYZのみキーを設定

小数点キーを削除

  • グラフエディタ:編集>未スナップの選択→ Delete

キー同士が重なってできる小数点フレームのキーのみを選択できるので、まとめて削除したいときに便利です。

カーブを変えずにキーを追加

  • グラフエディタ上のカーブを選択して右クリック>キーを挿入
    ( または、 I+中ボタンクリック)

Sでキーを追加すると自動接線となるためカーブが変わりますが、キーを挿入はカーブを変えずにキーだけ追加することができます。

タイトルとURLをコピーしました