【初心者&学生さん】個人でしっかり教えるプラン始めました【気軽に添削なら】アニメーション作品のアドバイスはこちら

【初心者向けPC解説】グラフィックボードとは?3DCG向けパーツ

3DCG制作のためのPC解説。
今回は快適な作業に必須の【グラフィックボード編】です。

グラフィックボードとは

グラフィックボードは画面に映像を表示するためのパーツです。

CG制作においては、ビューポートを動かしたりアニメーションを再生したときのカクつき(処理落ち)に関わってきます。

高スペックであるほど描画の処理落ちが少なくなり、いわゆる「ヌルヌル動く」操作性になります。

例えば

大量のオブジェクトを配置している(背景モデルなど)

ハイメッシュのモデルを表示している

高解像度のテクスチャを表示している

逆にスペックが低いと、操作のたびに画面がカクカク止まって表示されるためストレスを感じます。

3Dソフト自体の使い勝手に大きく影響するパーツといえます。

グラフィックボードの呼称
「GPU」「グラフィックカード」「グラフィック」とも呼ばれます。

特別なパーツ?

グラフィックボードはすべてのPCに搭載されているわけではありません。

一般的なビジネスPCと、CG制作やゲーム用途で使うPCとの一番の違いがグラフィックボードの有無になります。

市販の一般的なPCは基盤やCPUがグラフィックをついでに担当しています。

市販のグラフィックボード

グラフィックボードのラインナップは大きく以下の3つに分けられます。

  • GeForce :ゲーム制作向け
    • GTX :手頃でメジャー
    • RTX :ハイエンドだけど高価
    • MX :モバイル用
  • Quadro :映像制作向け
  • Radeon :汎用型?

CG制作向けならGeForceのGTX系が定番です。

GeForceシリーズ

nVidiaが開発するグラフィックボードです。

ゲーミングPCでの採用率が高く、3Dゲームに最適化されています。

ゲーム会社の開発現場でも大半のPCはGeForce系のグラフィックボードが使われています。

2020年4月15日現在、ゲーミングPCで採用されている主なグラフィックボードは以下のようになっています。


ゲーミングPC | 【価格.com】

ほとんどGeForceシリーズです。
上からスペック順に並んでいますね。
(最下のRadeonは別。 RX580はGTX1060と同じくらい)

某大手ゲームメーカーの開発環境もGeForceの使用を前提に作られており、ゲーム開発ならほぼ必須の選択になります。

Quadroシリーズ

同じくnVidiaが開発するグラフィックボードで、こちらは映像制作向けの製品です。
クリエイターPCでの採用率が高く、GeForceの上位版という位置づけで非常に高価です。

3D描画に特化していますがゲーム開発には最適化はされていません。個人レベルで使うには価格に見合った恩恵がなくオーバースペックな製品です。

Radeonシリーズ

AMDが開発するグラフィックボードです。

GeForceの競合製品で基本スペックも似ています。

CG制作で使うことができてGeForceよりコスパが良いので、個人用途なら検討してみても良いかと思います。

ゲーミングPCでの採用率は低く、開発現場で使われている例は少ないです。

GeForceのラインナップ

GeForceシリーズの中にも種類とバージョンがあります。

  • GeForce GTX :スタンダード
  • GeForce MX :モバイル
  • GeForce RTX :ハイエンド

GeForce GTX

最もスタンダードなシリーズです。
一般的なCG開発の現場で広く使われています。

GeForce MX

モバイル用のシリーズです。
「最安クラスのゲーミングPC」「ゲームもできるビジネスノートPC」に搭載されています。

3D制作をするには少し非力なのでおすすめしません。

GeForce RTX

2018年に発表されたGeForceの最新シリーズです。
GTXに比べてハイエンドな表現に向いていますが高価です。

Quadroと同様、個人レベルで使いこなすには少しオーバースペックかもしれません。

3DCG用グラフィックボードまとめ

ゲーム用途ならGeForceほぼ一択

CGの学習用途ならGeForce GTX 1050Ti以上がおすすめ

ちなみにこんなツイートも参考になります。

こうしたリアル系質感のモデルをグリグリ動かして作業する、となるとRTX系が力を発揮します。
好きなものが作れるようになって3Dの表示に不満が出てきたら、グラフィックボードのグレードを検討してみると良いです。

タイトルとURLをコピーしました