【2020春ラインナップ】3DCG初心者向けPC3選

これから3DCGを始める初心者の方へ向けてCG制作におすすめのPCをまとめました。

3DCGを始めるにあたって「どんなPCを買えば良いのか」は迷います。
値段が高いほど高性能なのはなんとなく分かりますが、できることなら価格をなるべく抑えつつも快適に作業ができるPCを選びたいところです。

今回は「予算10万円」に限定してドスパラのデスクトップ型PC3つをピックアップ。
そのまま制作に使えるレベルで、カスタマイズしたいポイント、あらかじめ気をつけるポイントをまとめています。

3DCG学習用PCの選び方はこちらの記事に詳しく解説しています。

3DCG向けデスクトップPCおすすめ3選

基本的にPCショップが販売しているゲーミングPCや、クリエイター向けPCから選べば大きな失敗は少ないです。

  • 【決定版】ガレリア RT5 89,980 円(+税)
  • 【さらに安く】ガレリア RH5 74,800 円(+税)
  • 【core iなら】ガレリア DJ 89,980 円(+税)

現状決定版 「ガレリア RT5」

ガレリア RT5 89,980 円(+税)

主なスペック

  • CPU:Ryzen 5 3500
  • グラフィックス:GeForce GTX 1660 SUPER
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:256GB NVMe SSD / 1TB HDD

 

PCショップ「ドスパラ」のゲーミングPC「ガレリア」シリーズです。
「ガレリア」はゲーミングPCですがゲーム開発現場での採用率も高いです。

スペック的には普通に業務レベルです。これより低スペックなPCで作業してるゲーム会社もわりとあります。

このスペックで税込み10万円を切るって、もうこれで決定やん…
カスタマイズするなら…

●ストレージ:256GB NVMe SSD→512GBに変更

256GBでも一通りの制作ソフトはインストールできるので問題はありません。
このスペックならPCゲームも余裕でできるので、ゲームをインストールするなら512GBあると余裕があって尚良しです。

もっと安く 「ガレリア RH5」

ガレリア RH5 74,800 円(+税)

主なスペック

  • CPU:Ryzen 5 3500
  • グラフィックス:GeForce GTX 1650
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB NVMe SSD / 1TB HDD

 

前述のRT5からグラフィック・メモリをスペックダウンしてさらに価格を抑えてます。
税込み価格で比べると2万円の差なので、他の周辺機器や学習環境に投資するのもアリですね。

 

カスタマイズするなら…

●しないほうが良し

この製品を選ぶなら単体価格を抑えるのが目的なので何もカスタマイズしない方が良いです。

絶対にCore iが良いなら 「ガレリア DJ」

ガレリア DJ 89,980 円(+税)

主なスペック

  • CPU:Core i5-9400F
  • グラフィックス:GeForce GTX 1660
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:500GB SSD / 2TB HDD

 

CPUは絶対にCore iが良い!という方はこちら。

intel Core iシリーズのCPUはシェアが多く、安心感から選ぶ人は多いですね。

ただAMD Ryzenに比べて割高になる分、CPU以外のパーツをグレードダウンして価格を抑えることになります。

ストレージはNVMe SSDに比べて低速なSATAタイプですが、大容量になっています。

カスタマイズするなら…

●メモリ:8GB→16GBに変更

メモリは16GBあれば学習用途で困ることは少ないかと思います。

おすすめPC3選まとめ

PCショップ「ドスパラ」はCG制作会社での採用率が高く、実際に開発現場で使われている機材をベースに選定しました。
PCに必要なスペックは制作作業によっても大きく変わってきます。
ゲーム系アセット制作なら今回紹介したようなミドルスペックでも十分可能です。
Houdiniなど重めのソフトを使ったり、レンダリングして映像編集もしたいなら、さらにハイスペックなPCが必要になることもあります。
とはいえ今回紹介したPCは学習用途で困ることはないスペックですので、まずは一通りの制作ソフトを触ってみて早めに自分のやりたいことを見つけていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました